iPhone ではタスク管理に Taskpaper、文章書きに PlainText を愛用してたんだけど、1 年前くらい前に Hog Bay Software が iOS の開発から手を引いちゃったんで長らく代替えを使っていたりする。

代替えの製品としては、PlainText だったら PlainText2Taskpaper だったら Taskmator なんかがコンパチなんで環境的には問題がないんだけど、Hog Bay Software プロダクトを好んでた身としては少し微妙な感じ。シンプルさというところに好感をもってたんですよね。
代替アプリは今も生きてる製品とはいえ、新しい機能の追加も期待できないし、いつまでこのシンプルさをキープ出来るかわからないし。

ということで、新たに環境を作るべく探してたらなかなかいい環境が出来たのでその紹介でも。

僕がタスク管理やエディタに求める要件としては以下の項目がある。

  1. Dropbox 経由でデータが連携できる
  2. 画面はシンプルなほうがいい
  3. Markdown で文章が書ける
  4. タスクは日付や重要度でソートされる
  5. よくあるタスク管理ソフトのように一つづつ登録したくない
  6. メモの中にタスクを書ける

とくに 5 と 6 は重要なのだが、これは タスクにメモを付加させたいわけじゃなく、メモの中にタスクを列挙したい というちょっとしたこだわりがあったりするからだったりする。
これは長らく Howm を使ってたということが影響しているのだと思う。

タスクの中にメモを書いてしまうと、そのタスクが完了したと同時にメモもなくなってしまう。別に書いとけばいいんだろうけど、手間じゃない?内容が変わったらどうする?
メモの中にタスクを書いておけばタスク完了とともにタスクを消して、消したタスクの場所に結果を書き込むだけでいい。

そういう観点から iOS アプリを探して見ると、自作アクションが作れるチェックボックス表示付きのエディタ、その名も 「 1Writer 」 が見つかる。

あまり日本語の情報が多いわけじゃないけど、

  • Markdown でチェックボックスを含むメモが書けて
  • アクションと呼ばれる自作プログラムでメモ内にあるタスク項目を抜き出して
  • 日付や重要度でソートを掛けて
  • 一覧表形式でタスクをリストアップ出来て
  • リストアップした項目をタッチするとその場所にジャンプできる

ということを実現出来る超優れもの。
自作プログラムに Javascript が使えるというのもポイントが高い。

似たようなアプリには Drafts4, TextWell, Editorial がある感じだけど、チェックボックスがつけれるのは 1Writer だけかな?
Drafts4 と TextWell は他アプリに出力させるのが主目的っぽい。Editorial は Taskpaper ファイルをサポートしてるし UI もついてるしで良さそうなんだけど、スクリプトが Python なうえになんか色々と複雑そうでごちゃごちゃしてる印象。なんでも出来るんでしょうけどね。

ということで、必要十二分な機能とシンプルさから 1Writer を購入してちょこちょこ試してみたらいい感じになってきた。

例えば、

## 仕事
### 会計ソフト入れ替え
会計ソフトを A から B に変更するので、データを入れ替える必要がある。
期限は H27/3 までで、データに関しては一部データを調整する必要あり。

- [ ] マスターデータの出力 [2015-02-09]
- [ ] データの正規化 [2015-02-14]
- [ ] マスターデータのインポート [2015-02-19]

## プライベート

- [ ] !!! 熱帯魚の水交換 [2015-02-09]

というメモがあったとして、Markdown でのプレビューとタスクのリストアップはこんな感じになる。

1writer_main

1writer_tasklist

!!! で表している重要度と [YYYY-MM-DD] で表している日付でソートされてソートして、付加情報としてヘッダーの階層をつけている。タスクリストによくありがちな同じようなタイトルがずらっと並ぶということが無いので非常にスッキリ。

いやー、我ながらいい環境が出来た。もしかしたら TaskpaperPlainText を併用してた頃より使い勝手がいいかもしれない。

気になる方は ActionDirectory:todolist として公開していますので、使ってみてください。


使い慣れたツールが使えなくなってしまうのは残念なこと。

でも、それをきっかけにして新しい環境を模索すると、それまで以上に快適な環境ができたりすることがたまにある。

それはそれでありがたい機会なのかもしれない。