前回は Jekyll のインストールとローカルサーバーでプレビューする方法まで書いたので、今回はテーマの適用と不要ファイルの削除、すぐできそうなカスタマイズ等を行おうと思ったりしてます。

まず、テーマなんですが、 ここ が公式みたいで何個か揃ってます。適当なテーマを選んで左下の Install Theme をクリックするとコマンドを表示しますので、そのまま打ち込めばそれだけでテーマが切り替わるようです。かなり楽ですね。
僕は dinky を選んでみましたよ。

dinky

次に細かい初期設定や不要ファイルの削除。

まずは、ルートディレクトリにある _config.yml の設定を開き、title, tagline, author.name, author.email, author.github あたりを適当に設定するだけ。

次にコメントシステムのdisqus。これはdisqusのページに行ってBLOGのURLとタイトルを設定するとShort_nameってのがもらえるので、それを comments.provider.disqus.short_name に登録すれば完了。お好みでFacebookとかにも出来るみたい。

その他はここを見て適当に設定。

次に不要ファイルの削除なんだけど、テストで立ち上がるインデックスページにあるように、使い方とかが書いてあるサンプルページを rm -fr _posts/core-samples で削除。

最後にインデックスページの作成。

これはトップページなんで、いろいろな考え方とかあると思うので、 ここ の7章とかを参考にして各自で適当に作ればいいと思う。

で、適当に作ったのがこちら。

インデックス

まあ、こんなもんでしょ...

ということで、次回はいよいよGithubへのプッシュ送信です!