新しいサイトを公開するときにはやっぱり読者の反応が気になるところ。ってことで、Google analyticsの設定をしてみる。

設定と言っても、_config.ymlを見てみると最初から設定するところがあるので、まあ簡単だろうと余裕をこいていたのだが実際設定してみても全然反映されない。

うーんと思って _includes\JB\analytics のソースを見てみたら、有効になるための3つの条件がある。

if site.safe and site.JB.analytics.provider and page.JB.analytics != false

site.JB.analytics.provider は確実に設定されてるから問題無いところを見ると、多分 site.safe が怪しそう。

「これ、Githubで直接Jekyllを動かそうとした時もなんか関係してたんだよなー。」なんて思いながら、ググってみたら、もうそのままビンゴなページを発見。
なんでも、セーフは明示的に追加してあげないといけないみたい。

やり方は2つあって、_config.ymlに直接書き込むか、Jekyllの起動時にオプションを渡すかを選択できるみたい。

Jekyllのオプションは多分テストとかの目的だろうから、今回は_config.ymlに追加してみたところ、来ました!来ました!

初の閲覧者!!(まあ、自分なんですけどね)

analytics